2017年04月11日

ビッグウッド犬『エボル君』が日本最高峰のドッグショーで快挙達成!

2017ジャパンインター エボル6.jpg

第4グループダックス175頭の頂点 審査員:Ms.R.Roman(蘭)ハンドラー:小松拓氏


日本中のチャンピオン犬達が一堂に会し、日本一の美しさを競う祭典、
ジャパンインターナショナルドックショーが平成29年4月1日〜2日に開かれました。

その日本一を競う祭典において、なんと11歳の我らがビッグウッド犬(ミニチュアワイヤーダックスのエボル君)が、総数175頭の中から日本一の頂点を獲得するという、前代未聞の快挙を成し遂げました。

これまでのドッグショーの歴史の中でも、例のない高齢犬の日本一獲得に、
仲間やライバル達にもあたたかい拍手を送られ、会場は感動の渦に包まれました。

2017ジャパンインター エボル3.jpg


エボル君の、お父さん、お母さんもビッグウッドのご飯で育ち、
もちろんエボル君も生まれた日から11年ずっとビッグウッドの食事のみで育ってきました。

ビッグウッドでは、健康長生きの証しの一環として取り組んでいるドッグショーですが、
エボル君は一昨年、世界中からチャンピオン犬が集まり、世界一の美しさを競う、
イタリアで開催された世界大会において、9歳以上のベテランクラスで世界一を獲得し、
今回ベテランクラスを設けていない日本最高峰を決める大会では、
若くてバリバリの肉体と艶やかな毛質を備えた若きチャンピョン犬達と戦い、
11歳という高齢犬で見事に日本一の快挙に輝きました。

2017ジャパンインター エボル2.jpg


エボル君は、私の自宅で生まれ、
私と一緒に4年間ドイツで育ち、先輩犬の後ろからくっ付いて歩くような目立つ存在ではなく、
おなかをすぐに下してしまうような、決して丈夫で強い感じの子ではありませんでした。

ドッグショーに連れて行かずに留守番させられるといじけてご飯を食べなかったり、
何か思っていることと違うとすぐにヘソを曲げる性格で、
ショーにおいても急にテンションがだだ下がりになったり、
本当に偏屈なところが多く飼い主としては様々考えさせられっぱなしの子でしたが、
そんな関係性がなんとも言えず楽しいものでした。

2017ジャパンインター エボル11.jpg


エボル君には、これからもビッグウッドの食事をモリモリ食べて、
会社が掲げる『長生き健康』の代表的存在になってくれるように、
いつまでも若々しく、健康で、長生きして欲しいと心より願っています。

ビッグウッド(株)エボル君
飼い主 大木 政春
********************

ドッグショー活動は犬の骨格、歩様、目や毛の色素、被毛の状態を客観的に審査していただくことで健康性の証明をする目的で参加してきました。

エボルは通常5〜6歳で引退する犬が多い中で、長年第一線のショーで活躍できていること。
今回11歳でダックスフントの日本一になったことに、スタッフ一同さらに誇りと自信のもてる喜ばしい出来事でありました。
この快挙はエボルを管理してくださっている仲間の皆さんのお力添えがあってのことであり感謝でいっぱいです。

今後もより健康で長生きできるフードの品質維持と向上に努力してまいります。









この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: